南日本招待ユースサッカー大会

鹿児島県に招待をしてもらっていることへの感謝の気持ちを持って、心のある試合をしよう。そして、滝二のファンを鹿児島にも作ろうとミーティングで話して臨んだ2日目の試合でした。しかし、前半でチャンスを相手より多く作るものの決めきることができず、失点をしてしまいました。後半は江口さんのフリーキックで得点はできたが、2失点を許し負けてしいました。勝負にこだわり、選手権を意識した試合から得たこの敗北には何かの意味があり、選手権までには改善しようと試合直後のミーティングで話していました。その姿を見て、選手権に対する本気の思いを感じることができたことは、本当に貴重な経験になったと思います。また、トップチームのオフザピッチでの行動にも違いを感じることができ、この二日間は僕にとって学ぶという意味ではとても濃い時間となりました。

1年 全聖矢

滝二 1-3 鹿児島城西
負け
得点 : 江口

トレーニングマッチ
VS名古屋グランパス
1本目1-0 長野
2本目2-0 福嶋 辻本 3本目0-1
合計3-1

今日はJクラブ相手だけど、Jとか関係なくいつも通りやろうということと、最近Bチームで言われているサイドと真ん中、3方向から攻めると言うことを話して試合に臨んだ。
1本目はサイドから良い形で先制出来たのでよかった。けど、取ったボールをすぐにミスしたりして失うことが多かったり、守備の面で全然マークにつけていなかったり、前から単体で行って連動してなかったりとバラバラになることが多かった。
2本目は、1本目守備の面で行けてなかったので修正してしっかり前から行けて取ることが多くなって良くなったけど、取ったボールをすぐ失ったり、後半プレススピードが遅くなったりと1本目を生かせてなかった部分もあった。その中、相手がパワープレーをしてきた時に2点決めることができたことは良かった。
3本目は、前から守備に行けてなしマークも曖昧でミスも多く失点もし、1.2本目よりも全然ダメだった。3本通してサイドから攻めることは多かったけど、真ん中からは少なかったので真ん中からももっと行かないといけないと思った。
選手権も近いけど、新チームももうすぐなので、しっかりひとつひとつの試合、プレーにこだわってチームだけでなく個人としても成長しないといけないと思った。

2年 廣田一磨

南日本招待ユースサッカー大会
トレーニングマッチ

VS鹿児島南高校5-0 稲田×3山田1持井1本田1上出1

鹿児島県からわざわざ招待してもらったので恥ずかしくない試合をしないといけなかったが、前半はあまりいい試合が出来なかった。
とにかく移動の行動、パス、判断、何もかものスピード、質を上げる事をテーマに挑んだ。
前半はとにかく簡単なパスミスが多かった。
運動量も連動性もなかった。
後半は立ち上がりに点を決めることができたが、その後すぐに点をとることができなかった。途中ミスが多くなった しかしダイレクトや連動性をもってやれていた部分もあった。前半よりもプラスのスピードも少し速くなっていた。もっと基準をあげていくようにしないといけない。
明日の鹿児島城西戦は勝ちにこだわって戦いたい。

ちちんぷいぷいのたむけんが来られました。放送は5日だそうです。お楽しみにして下さい。

東西対抗 1日目

vs静清3-0 中森 井上 近藤
vs静清B5-1 井上? 近藤?稲田
vs東海大翔洋1-0 坂本
vs東海大翔洋B2-5 長野 加藤

東西対抗2日目
vs前橋育英2-2 稲田 廣田
vs前橋育英B2-6 近藤 菊川

初日目は雨でグランド状態が良くない中での試合だった。シンプルに蹴るサッカーをしていたけど、自分たちの基礎技術の低さからミスが増えてしまった。また、攻守の切り替えで特に攻から守への切り替えを早くしようといっていたがそれもあまりできなかったし、最後の試合で簡単に背後を取られて失点してしまった。でも、前線からのプレスで得点につなげることができたことは良かった。
今日は攻守の切り替えを早くすることと個人をのばすということを意識して試合をした。1試合目は前橋育英のパスワークに対してマークがずれたり簡単にはがされたりして、1対1を作られる場面が多かった。先制して追いつかれた後、前でボールが収められず、逆転された。でも、その状況の中での同点に追いついたのは良かったし、1試合を通して声が出ていたのはよかった。
2試合目はミスが目立って真ん中もサイドも突破できなかった。終了間際で連続失点してしまった。後半は得点を取って雰囲気が良くなったが直後を失点してしまった。
ただ前半より前線の選手が連動した攻撃ができていたのでよかった。今回の遠征では特に前橋育英との試合で個人の技術を上げる必要があると感じたし、選手権で出ていた選手と比べると攻守の切り替えが遅いと感じた。

2年 稲田